衛生管理者の過去問の解説:労働衛生:一般(2017年4月) | 衛生管理者 講習会・通信講座

0742-93-4303

受付時間 10時~19時(土日祝休み)

衛生管理者の過去問の解説:労働衛生:一般(2017年4月)

ここでは、2017年(平成29年)4月公表の過去問のうち「労働衛生:一般(有害業務に係るもの以外のもの)」の10問について解説いたします。
この過去問は、第1種衛生管理者、第2種衛生管理者の試験の範囲です。
なお、特例第1種衛生管理者試験の範囲には含まれません。

それぞれの科目の解説は、下記ページからどうぞ。

衛生管理者の過去問の解説:関係法令:有害(2017年4月)
衛生管理者の過去問の解説:労働衛生:有害(2017年4月)
衛生管理者の過去問の解説:関係法令:一般(2017年4月)
衛生管理者の過去問の解説:労働衛生:一般(2017年4月)
衛生管理者の過去問の解説:労働生理(2017年4月)



問11 事務室における必要換気量Q(m3/h)を算出する式として、正しいものは(1)~(5)のうちどれか。
ただし、AからDは次のとおりとする。

A 室内二酸化炭素濃度の測定値(ppm)
B 室内二酸化炭素基準濃度(ppm)
C 外気の二酸化炭素濃度(ppm)
D 在室者全員が1時間に呼出する二酸化炭素量(m3/h)

(1)Q = D/(A-B) × 100
(2)Q = D/(A-C) × 100
(3)Q = D/(B-C) × 100
(4)Q = D/(A-B) × 1,000,000
(5)Q = D/(B-C) × 1,000,000


答え(5)
作業場内で衛生管理上、入れ替える必要がある空気量を必要換気量と言い、1時間の空気量で表します。
必要換気量の計算式は「在室者全員が呼出する二酸化炭素量」を「室内二酸化炭素基準濃度」から「外気の二酸化炭素濃度」で引いたもので割って求めます。
また、二酸化炭素濃度は、百分率の「%」のほか百万分率の「ppm」で表します。
必要換気量の算出時に、二酸化炭素濃度が「%」の場合は「100」を掛けますが、「ppm」の場合は「1,000,000」を掛けます。



問12 温熱条件に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)温度感覚を左右する環境要素は、気温、湿度及び気流であり、この三要素によって温熱環境が定まる。
(2)気温、湿度及び気流の総合効果を実験的に求め、温度目盛で表したものが実効温度である。
(3)WBGTは暑熱環境による熱ストレスの評価に用いられる指標で、屋内では自然湿球温度と黒球温度の測定値から算出される。
(4)高温多湿作業場所において労働者を作業に従事させる場合には、計画的に、熱への順化期間を設ける。
(5)相対湿度とは、空気中の水蒸気分圧とその温度における飽和水蒸気圧との比を百分率で示したものである。


答え(1)
(1)は誤り。温度感覚を左右する環境要素は、気温、湿度、気流および輻射(放射)熱です。
(2)(3)(4)(5)は正しい。



問13 照明などの視環境に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)前方から明かりを取るときは、眼と光源を結ぶ線と視線とで作る角度が、40°以上になるようにしている。
(2)高齢者は、若年者に比較して、一般に、高い照度が必要であるが、水晶体の混濁により、まぶしさを感じやすくなっている場合もあるので、注意が必要である。
(3)全般照明と局部照明を併用する場合、全般照明による照度は、局部照明による照度の1/10以上になるようにしている。
(4)照度の単位はルクスで、1ルクスは光度1カンデラの光源から10m離れた所で、その光の光軸に垂直な面が受ける明るさに相当する。
(5)室内の彩色で、明度を高くすると光の反射率が高くなり照度を上げる効果があるが、彩度を高くしすぎると交感神経の緊張を招きやすい。


答え(4)
(1)(2)(3)(5)は正しい。
(4)は誤り。照度の単位はルクスで、1ルクスは光度1カンデラの光源から「1m」離れた所で、その光に直角な面が受ける明るさに相当します。



問14 厚生労働省の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に基づくメンタルヘルス対策に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)メンタルヘルスケアを中長期的視点に立って継続的かつ計画的に行うため策定する「心の健康づくり計画」は、各事業場における労働安全衛生に関する計画の中に位置付けることが望ましい。
(2)「心の健康づくり計画」の策定に当たっては、衛生委員会又は安全衛生委員会において十分調査審議を行う。
(3)事業者がメンタルヘルスケアを積極的に推進する旨の表明に関することは、「心の健康づくり計画」で定めるべき事項に含まれる。
(4)「セルフケア」とは、労働者自身がストレスや心の健康について理解し、自らのストレスを予防、軽減する、またはこれに対処することである。
(5)メンタルヘルスケアは、「セルフケア」、「家族によるケア」及び「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」の三つのケアを継続的かつ計画的に行うことが重要である。


答え(5)
(1)(2)(3)(4)は正しい。
(5)は誤り。メンタルヘルスケアは、「セルフケア」、「ラインによるケア」、「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」および「事業場外資源によるケア」の四つのケアを継続的かつ計画的に行うことが重要です。



問15 厚生労働省の「事業者が講ずべき快適な職場環境の形成のための措置に関する指針」において、快適な職場環境の形成のための措置の実施に関し、考慮すべき事項とされていないものは次のうちどれか。

(1)継続的かつ計画的な取組
(2)経営者の意向の反映
(3)労働者の意見の反映
(4)個人差への配慮
(5)潤いへの配慮


答え(2)
事業者は、単に法令に定めれらた労働災害防止のための最低基準を守るだけでなく、労働者が心身ともに健康に働ける快適な職場環境の形成の実現を求められています。
国は快適職場づくりの適切かつ有効な実施を目的として「事業者が講ずべき快適な職場環境の形成のための措置に関する指針(快適職場指針)」を1992年に公表しています(1997年改正。)。
その指針の中で、快適職場づくりの検討および考慮すべき事項として「継続的かつ計画的な取組」「個人差への配慮」「労働者の意見の反映」「潤いへの配慮」があります。
選択肢にある「経営者の意向の反映」は、定められていません。



問16 一次救命処置に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)傷病者の反応がない場合は、大声で叫んで周囲に注意喚起し、協力者を確保する。
(2)周囲に協力者がいる場合は、119番通報やAED(自動体外式除細動器)の手配を依頼する。
(3)口対口人工呼吸は、傷病者の鼻をつまみ、1回の吹き込みに約3秒かけて傷病者の胸の盛り上がりが見える程度まで吹き込む。
(4)胸骨圧迫は、胸が約5cm沈む強さで、1分間に100~120回のテンポで行う。
(5)AEDを用いた場合、電気ショックを行った後や電気ショックは不要と判断されたときには、音声メッセージに従い、胸骨圧迫を再開し心肺蘇生を続ける。


答え(3)
(1)(2)(4)(5)は正しい。
(3)は誤り。口対口人工呼吸は、傷病者の鼻をつまみ、1回の吹き込みに「約1秒」かけて傷病者の胸の盛り上がりが見える程度まで吹き込みます。
3秒のように時間を掛けて、過剰な換気をすることは、むしろ有害とされています。
また、人工呼吸による胸骨圧迫の中断を考慮すれば吸気時間は短いほうがよいという考えもあります。
さて、一時救命処置については、AHA(アメリカ心臓協会)が科学的な根拠に基づき心肺蘇生法に関する指針を見直してガイドライン2005を発表しました。
それを受けて日本においても救急蘇生ガイドラインが大きく改訂されました(2006年)。
その後、JRC(日本蘇生協議会)と日本救急医療財団により「JRC蘇生ガイドライン2015」が策定されています(2016年)。
このガイドラインは、最新のデータに基づき定期的に見直されるでしょう。



問17 虚血性心疾患に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)運動負荷心電図検査は、心筋の異常や不整脈の発見には役立つが、虚血性心疾患の発見には役立たない。
(2)虚血性心疾患発症の危険因子には、高血圧、喫煙、脂質異常症などがある。
(3)虚血性心疾患は、狭心症と心筋梗塞とに大別される。
(4)狭心症は、心臓の血管の一部の血流が一時的に悪くなる病気である。
(5)狭心症の痛みの場所は、心筋梗塞とほぼ同じであるが、その発作が続く時間は、通常数分程度で、長くても15分以内におさまることが多い。


答え(1)
(1)は誤り。運動負荷心電図検査は、運動負荷を加えた状態で心電図の変化をみる検査です。
安静時心電図では診断することが難しい狭心症など、虚血性心疾患の発見に役立ちます。
(2)(3)(4)(5)は正しい。



問18 ノロウイルスによる食中毒に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

(1)食品に付着したウイルスが食品中で増殖し、ウイルスが産生した毒素により発症する。
(2)ウイルスの感染性は、長時間煮沸しても失われない。
(3)潜伏期間は、1~2日間である。
(4)発生時期は、夏季が多い。
(5)症状は、筋肉の麻痺(ひ)などの神経症状が特徴である。


答え(3)
(1)は誤り。ノロウイルスは食品などから経口摂取され、人間の小腸で増殖して急性胃腸炎が生じます。
(2)は誤り。しっかりと加熱した食品では、ノロウイルスは不活性化するので感染性を失います。
(3)は正しい。
(4)は誤り。冬季に集団食中毒として起こることが多いです。
(5)は誤り。吐き気、嘔吐、下痢が主症状です。神経症状はみられません。



問19 厚生労働省の「事業場における労働者の健康保持増進のための指針」に基づく健康保持増進対策に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

(1)事業場内健康保持増進体制の整備に関することは、健康保持増進計画で定める事項に含まれない。
(2)産業医は、健康診断の結果を評価し、運動指導等の健康指導を行うための指導票を作成するとともに、個々の労働者に対して運動指導を行う。
(3)運動指導担当者が中心となって行う健康測定の結果に基づき、産業栄養指導担当者が、個々の労働者に対して必要な栄養指導を行う。
(4)喫煙及び飲酒に関することは、産業保健指導担当者が行う保健指導の内容に含まれる。
(5)健康保持増進措置を実施するためのスタッフは、いかなる場合でもその事業場内で確保するべきであり、外部の機関に委託してその職務を実施させてはならない。


答え(4)
(1)は誤り。「事業場内健康保持増進体制の整備に関すること」は、健康保持増進計画で定める事項に含まれています。
(2)は誤り。運動指導は、運動指導担当者や運動実践担当者が行います。
(3)は誤り。健康測定は産業医が中心となって行います。
(4)は正しい。
(5)は誤り。スタッフを事業場内で確保できないときは、労働者健康保持増進サービス機関等の外部機関に委託しても構いません。



問20 熱傷の救急処置などに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)熱傷は、Ⅰ~Ⅲ度に分類され、水疱(ほう)ができる程度の熱傷は、Ⅱ度に分類される。
(2)水疱ができたときは、周囲に広がらないように水疱を破って清潔なガーゼや布で軽く覆う。
(3)熱傷面は、すぐに水をかけて十分冷やすことが応急手当のポイントであるが、熱傷の範囲が広い場合、全体を冷却し続けることは低体温となるおそれがあるので注意が必要である。
(4)衣類を脱がすときは、熱傷面に付着している衣類は残して、その周囲の部分だけを切りとる。
(5)45℃程度の熱源への長時間接触による低温熱傷は、一見、軽症にみえても熱傷深度は深く難治性の場合が多い。


答え(2)
(1)(3)(4)(5)は正しい。
(2)は誤り。水疱は傷口を保護する役割を持っています。水疱ができても破らないようにして、清潔なガーゼで覆い、医療機関で受診します。

講師のご紹介

講師写真

はじめまして。講師の奥田真史です。衛生管理者の講習会・通信講座なら私にお任せ下さい!
実務4年!講師12年!の実績があり、合格まで徹底サポートいたします!
いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。私が対応いたします。
講師プロフィール
著書はこちら

サイドカバーデザイン
サイドバー電話
サイドバーメール
サイドバービデオ
サイドバー決済
上に戻る