衛生管理者の過去問の解説:労働生理(2016年10月) | 衛生管理者 講習会・通信講座

0742-93-4303

受付時間 10時~19時(土日祝休み)

衛生管理者の過去問の解説:労働生理(2016年10月)

ここでは、2016年(平成28年)10月公表の過去問のうち「労働生理」の10問について解説いたします。
この過去問は、第一種衛生管理者、第二種衛生管理者の試験の範囲です。
なお、特例第一種衛生管理者試験の範囲には含まれません。

それぞれの科目の解説は、下記ページからどうぞ。

衛生管理者の過去問の解説:関係法令:有害(2016年10月)
衛生管理者の過去問の解説:労働衛生:有害(2016年10月)
衛生管理者の過去問の解説:関係法令:一般(2016年10月)
衛生管理者の過去問の解説:労働衛生:一般(2016年10月)
衛生管理者の過去問の解説:労働生理(2016年10月)



問21 呼吸に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

(1)呼吸運動は、横隔膜や肋(ろっ)間筋などの呼吸筋が収縮と弛(し)緩をすることで胸腔(くう)内の圧力を変化させ、肺を受動的に伸縮させることにより行われる。
(2)肺胞内の空気と肺胞を取り巻く毛細血管中の血液との間で行われるガス交換は、内呼吸である。
(3)成人の呼吸数は、通常、1分間に16~20回であるが、食事、入浴及び発熱によって減少する。
(4)呼吸に関与する筋肉は、間脳の視床下部にある呼吸中枢によって支配されている。
(5)身体活動時には、血液中の窒素分圧の上昇により呼吸中枢が刺激され、1回換気量及び呼吸数が増加する。


答え(1)
(1)は正しい。肺自体に筋肉はありませんので、このように受動的に呼吸運動が行われます。
(2)は誤り。肺で行われるガス交換は、「外呼吸」です。
(3)は誤り。呼吸数は、食事、入浴、発熱、労働、運動、興奮などによって「増加」します。
(4)は誤り。呼吸中枢は、「延髄」にあります。
(5)は誤り。運動などの身体活動時には、筋肉中の酸素が消費され、二酸化炭素が多く発生します。すると血液中の「二酸化炭素」分圧が上昇し、これにより呼吸中枢が刺激され、1回換気量及び呼吸数が増加します。



問22 心臓及び血液循環に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)心臓は、自律神経の中枢で発生した刺激が刺激伝導系を介して心筋に伝わることにより、規則正しく収緒と拡張を繰り返す。
(2)肺循環により左心房に戻ってきた血液は、左心室を経て大動脈に入る。
(3)大動脈を流れる血液は動脈血であるが、肺動脈を流れる血液は静脈血である。
(4)心臓の拍動による動脈圧の変動を末梢(しょう)の動脈で触知したものを脈拍といい、一般に、手首の橈(とう)骨動脈で触知する。
(5)動脈硬化とは、コレステロールの蓄積などにより、動脈壁が肥厚・硬化して弾力性を失った状態であり、進行すると血管の狭窄(さく)や閉塞を招き、臓器への酸素や栄養分の供給が妨げられる。


答え(1)
(1)は誤り。心臓の右心房には洞房結節(洞結節)というペースメーカーが存在し、ここから電気的な刺激が発生して刺激伝道系という経路を介して、心筋に伝わることにより、心臓は規則正しく収縮と拡張を繰り返します。
(2)(3)(4)(5)は正しい。



問23 神経系に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)神経系を構成する基本的な単位である神経細胞は、通常、1個の細胞体、1本の軸索及び複数の樹状突起から成り、ニューロンともいわれる。
(2)自律神経系は、内臓、血管などの不随意筋に分布している。
(3)自律神経である交感神経と副交感神経は、同一器官に分布していても、その作用はほぼ正反対である。
(4)消化管に対しては、交感神経は運動を促進させるように作用し、副交感神経は運動を抑制させるように作用する。
(5)心臓に対しては、交感神経は心拍数を増加させるように作用し、副交感神経は心拍数を減少させるように作用する。


答え(4)
(4)は誤り。
【交感神経】消化管→抑制、心拍数・発汗→増加、血管→収縮。
【副交感神経】消化管→促進、心拍数・発汗→減少、血管→拡張。
(1)(2)(3)(5)は正しい。



問24 摂取した食物中の炭水化物(糖質)は消化管において主にブドウ糖に、同じく脂肪は脂肪酸とグリセリンに、同じく蛋(たん)白質はアミノ酸に分解されるが、これらの分解されたものの小腸における吸収に関する次の文中の[  ]に入れるAからDの語句の組合せとして、正しいものは(1)~(5)のうちどれか。

「・[ A ]及び[ B ]は、絨(じゅう)毛から吸収されて毛細血管に入る。
・[ C ]は、絨毛から吸収された後、大部分は[ D ]となってリンパ管に入る。」

(1)A=ブドウ糖     B=脂肪酸とグリセリン C=アミノ酸     D=脂肪
(2)A=ブドウ糖     B=脂肪酸とグリセリン C=アミノ酸     D=蛋白質
(3)A=ブドウ糖     B=アミノ酸     C=脂肪酸とグリセリン D=脂肪
(4)A=脂肪酸とグリセリン B=アミノ酸     C=ブドウ糖     D=蛋白質
(5)A=脂肪酸とグリセリン B=アミノ酸     C=ブドウ糖     D=脂肪


答え(3)
ブドウ糖とアミノ酸は、小腸の絨毛から吸収され、肝門脈を経て肝臓に運ばれます。
脂肪は小腸で脂肪酸とグリセリンに分解された後、絨毛から吸収され、再び脂肪になり、リンパ管を経て血管に入り肝臓に運ばれます。



問25 腎臓又は尿に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

(1)血中の老廃物は、尿細管からボウマン嚢(のう)に濾(こ)し出される。
(2)血中の蛋(たん)白質は、糸球体からボウマン嚢に濾し出される。
(3)血中のグルコースは、糸球体からボウマン嚢に濾し出される。
(4)原尿中に濾し出された電解質の多くは、ボウマン嚢から血中に再吸収される。
(5)原尿中に濾し出された水分の大部分は、そのまま尿として排出される。


答え(3)
(1)は誤り。腎臓の構造と仕組みをしっかりと理解しましょう。血中の老廃物は、糸球体からボウマン嚢に濾し出されます。
(2)は誤り。通常、蛋白質は、血中から濾し出されません。
(3)は正しい。
(4)は誤り。電解質の多くは、尿細管から血中に再吸収されます。
(5)は誤り。水分の大部分は、尿細管から血中に再吸収されます。



問26 血液に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)血液は、血漿(しょう)と有形成分から成り、血液の容積の55%程度を占める血漿中には、アルブミン、グロブリンなどの蛋(たん)白質が含まれている。
(2)血液の有形成分には、赤血球、白血球及び血小板があり、赤血球は酸素を組織に供給し、白血球は体内への細菌や異物の侵入を防御し、血小板は止血の機能を有する。
(3)赤血球の寿命は、約120日で、白血球の寿命に比べて長い。
(4)白血球の一種であるリンパ球には、細菌や異物を認識し攻撃するBリンパ球と抗体を産生するTリンパ球などがあり、免疫反応に関与している。
(5)血液の凝固は、血漿中のフィブリノーゲン(線維素原)がフィブリン(線維素)に変化する現象である。


答え(4)
(4)は誤り。Bリンパ球とTリンパ球の説明が反対です。白血球の一成分であるリンパ球には、抗体を産生するBリンパ球と細菌や異物を認識するTリンパ球などがあり、免疫反応に関与しています。
(1)(2)(3)(5)は正しい。



問27 感覚又は感覚器に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

(1)物理化学的な刺激の量と人間が意識する感覚の強度とは、直線的な比例関係にある。
(2)皮膚感覚には、触圧覚、痛覚、温度感覚(温覚・冷覚)などがあり、これらのうち冷覚を感じる冷覚点の密度は他の感覚点に比べて高い。
(3)網膜の錐(すい)状体は色を感じ、杆(かん)状体は明暗を感じる。
(4)眼軸が短過ぎるために、平行光線が網膜の後方で像を結ぶ状態は近視である。
(5)平衡感覚に関係する器官である前庭及び半規管は、中耳にあって、体の傾きや回転の方向を知覚する。


答え(3)
(1)は誤り。物理化学的な刺激の量と人間が意識する感覚の強度は、通常、直線的な比例関係にはなりません。あるレベルの刺激量を超えると急に感じやすくなり、刺激量が極端に大きい時はその変動を感じにくくなります。
(2)は誤り。皮膚感覚において、痛覚を感じる痛覚点店の密度が最も高いとされています。
(3)は正しい。
(4)は誤り。眼軸が短過ぎるために、起こるのは「近視」ではなく「遠視」です。
(5)は誤り。前庭及び半規管は、「内耳」にあって、体の傾きや回転の方向を感知します。



問28 ホルモン、その内分泌器官及びそのはたらきの組合せとして、誤っているものは次のうちどれか。
A=ホルモン B=内分泌器官 C=はたらき

(1)A=コルチゾール  B=副腎皮質   C=血糖量の増加
(2)A=アルドステロン B=副腎皮質   C=体液中の塩類バランスの調節
(3)A=パラソルモン  B=副腎髄質   C=血糖量の増加
(4)A=インスリン   B=膵(すい)臓 C=血糖量の減少
(5)A=グルカゴン   B=膵臓     C=血糖量の増加


答え(3)
「パラソルモン」は、「副甲状腺」から分泌され、「体内のカルシウムバランスの調整」を行います。



問29 筋肉に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)筋肉は、神経から送られてくる刺激によって収縮するが、神経に比べて疲労しやすい。
(2)筋収縮には、グリコーゲン、りん酸化合物などのエネルギー源が必要で、特に、直接のエネルギーはATPの加水分解によってまかなわれる。
(3)筋肉中のグリコーゲンは、筋肉の収縮時に酸素が不足していると、水と二酸化炭素にまで分解されず乳酸になる。
(4)荷物を持ち上げたり、屈伸運動を行うときは、筋肉が長さを変えずに外力に抵抗して筋力を発生させる等尺性収縮が生じている。
(5)運動することによって筋肉が太くなることを筋肉の活動性肥大という。


答え(4)
(4)は誤り。荷物を持ち上げたり、屈伸運動を行うときは、筋肉の長さを変えながら一定の張力で筋力を発生させる「等張性収縮」が生じています。
(1)(2)(3)(5)は正しい。



問30 睡眠などに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)夜間に働いた後の昼間に睡眠する場合は、一般に、就寝から入眠までの時間が長くなり、睡眠時間が短縮し、睡眠の質も低下する。
(2)睡眠と食事は深く関係しているため、就寝直前の過食は、肥満のほか不眠を招くことになる。
(3)松果体から分泌されるメラトニンは、夜間に分泌が上昇するホルモンで、睡眠と覚醒のリズムの調節に関与している。
(4)体内時計の周期は、一般に、約25時間であり、外界の24時間周期に同調して、約1時間のずれが修正される。
(5)基礎代謝量は、生命活動を維持するために必要な最小限のエネルギー量で、睡眠中の測定値で表される。


答え(5)
(1)は正しい。交替勤務所や夜間勤務者の睡眠の質は低下しがちですので、普段から体調管理に留意する必要があります。
(2)は正しい。胃の中に食べ物が残っていると、睡眠の質が低下するとされています。
(3)は正しい。メラトニンは、睡眠ホルモンともいわれ、夜になると自然に眠りにつかせる作用があります。
(4)は正しい。生活リズムが1日周期になるように、人には体内時計が存在します。しかし、体内時計は約25時間周期となっています。そのため光など外部からの刺激によって、24時間周期に修正されます。
(5)は誤り。基礎代謝量は、「覚醒中」に測定されます。

講師のご紹介

講師写真

はじめまして。講師の奥田真史です。衛生管理者の講習会・通信講座なら私にお任せ下さい!
実務4年!講師8年!の実績があり、合格まで徹底サポートいたします!
いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。私が対応いたします。
講師プロフィール

サイドバー電話
サイドバーメール
上に戻る